オリンピックが始まりましたね

コロナ禍でほんとにやるの?
観客はどうするの?
今、そんな多額なお金を使う意味があるの?
こんな批判や議論が連日続く中、

エンブレム盗作や競技場の変更などのトラブル続きで、なんと数日前には
音楽を担当する人の過去のいじめ問題が発覚したりと、散々な目に遭い、
それでもやるの?
という批判を浴びての開会式でした。

とはいえ、このために人生をかけて鍛錬してきた選手たちは何万人といらっしゃいます。
開会式で入場行進する選手たちの表情を見ていて、本当に開催されてよかったと思います。
彼らのなんとも嬉しそうな表情。
中には昨年だったら出場できたのに、年齢的な問題や肉体的なピークによって涙を飲んだ選手たちも大勢いらしたのではと思います。

ところで、オリンピックの起源は、古代ギリシアにあります。エリス地方のオリンピア、ここが聖地です。
それは神々に捧げるものという意味がありました。仏教ではお供え物は、お花やお線香、お菓子、果物でしょうが、古代ギリシアでは肉体の力もお供え物とされていたようです。
強い力を神に捧げることで、死者の魂を厚くもてなしていただける、つまり、喪の行事として競技会が行われていて、この行事が発展したものが古代オリンピックとされています。

オリンピックと言えば、「平和の祭典」ということは誰もがご存じだと思いますが、今年はそれに加えて、多様性と調和をテーマに掲げているようです。
どちらも大切なテーマです。

2020東京オリンピックでは、33競技、339種目が実施されます。意味深い数字ですね。

東日本大震災から10年目、シャンバラのアンカーが降ろされるその直前でのオリンピック。

すべては準備が整った、という感があります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは。シンシアロヒです。
元経営コンサルタントで、25年間会社勤めをしていました。
特に自己肯定感=セルフエスティームを高めていくプログラムを得意とし、多くのお客様から支持されてきました。
2008年にレイキがキッカケでアデプトプログラムに出会い、そこから早10年経っています。いまだに、形而上学への愛、エネルギーワークへのワクワクの熱が冷めません。
なぜなら、ここに私たちの真の喜びと自由の鍵があるからです💖

目次
閉じる