BLOG

ブログ

本日、アデプトプログラムを開催させていただきました。
もうまもなく平成も終わりを迎えます。
平成最後の土日のアデプトプログラムでした。

今回のお客様は、現役で学校の先生をされています。
意外と、学校の先生もちらほらお越しになる機会があります。
だんだん、こういう内容を受け入れてくださる方が様々な分野で増えていることを嬉しく思います。

特に、今までのやり方に疑問を持っていらっしゃる人ほど、スピリットの目覚めが早くなっているように思います。これも、世界を変えていく流れの中で必然だと感じます。
本当の意味で目覚めて、新しい在り方を創り出していく先駆者が、どの分野でも求められています。

そもそも宇宙や大銀河は進化・成長が常識です。ですので、古いやり方を何十年も続けているというやり方は通用しません。そういうことをやっていると破壊が起きるか、手痛いしっぺ返しが起きるだけです。
地球だけが、ローカルルールでやっていい、ということはありません。

しかしながら、選択の自由意志というものもあり、ローカルルールが通用してきました。
とはいえ、2013年あたりから、銀河連盟の関与が強くなってきています。
そうなると、いつまでもローカルルールでやっていられなくなります。
さらに、地球自体は、どんどんと進化の流れに入っています。
そこに住む人類だけが、進化ではない方向にとどまり続けるというのも困難です。

この2日間は、ともかく楽しい2日間になりました。
これからの教育のことや、介護に関して、お客様の夢をたくさん聞かせていただき、どれも素晴らしい内容でワクワクしました。

現在の教育状況は悪くなっていることなど、(ともかく教師の方が定着しないそうです。それでは、本当に人材が育たたない=子ども達に与える影響も大)お聞きしながら、いよいよ転換期が来ていると思います。
こういう話は、他の先生方からもかなりお聞きしました。

会社経営に関しても、同様のことが言えます。
従来のような働き方では、もう個人も組織ももたない状況になっています。
これは、システムを変えればいい、というレベルではありません。
何が本当に大事な事で、何が間違っているかの、明確な基準が必要なのです。
そして、それは、単に、生まれてから死ぬまでの短期のスパーンで考えだせるものではありません。
もっと長期的な視点からとらえる必要があります。
そのためには、形而上の世界への理解なしには完成しないのです。
価値観といったレベルでもありません。
根幹が変わらないといけない時期に入っているのです。
こういうことを受け取れる人が少しずつ増えてきて、やがて、一氣にその波が広がっていくように思います。
だんだん、本当のことが隠せなくなってきています。
いろいろなやり方で、本当のことを表にしてほしくない人たちがネガティブキャンペーンを送ってくるでしょう。(今でもそれは起きていますが)

そんな中でも、もう目覚めてしまっている人たちは、そういう理屈ではないところで、本物をキャッチしています。直観で、内側から見つけ出した答えは、何にもぐらつかないのです。
私もそうやって、この学びを続けてきました。

自分の内側に答えはある

それは真実です。

本日、お越しくださったお客様の感想です。(一部、内容にかかわる部分は隠しています。ご了承ください)

何もわからず飛び込み、初めて受講したのがアデプトプログラム。
この世界に関する知識をお持ちの方ならびっくりされるのではないか?
今まで私が体験した?な世界。
それを『とんでも話』ではなく、きちんとつながりをもたせて伝えていただきました。
明確な理解ではありませんが、なんとなく自分の中で一本の線になったようです。
「見えない世界」のことですが、「知る」ことで、「見える」ものもあるんだ、と意識の重要性も再認識しました。
セッション中、『WHOAMI?』との質問に、「私は●●です」と言葉にしたことは、とても強いインパクトがありました。
目をつぶった時に見えるまばゆいばかりの光へと変化したことにも驚きました。
愛・奉仕の氣持ちを大切に。ハイアーセルフとさらにつながれるようになりたいです。
2日間ありがとうございました。
そして、新メンバーの△△△さま、よろしくお願いします。

関連記事一覧