13. 阿蘇ヒーリング

shell4前半はふんわりした感じになり、氣持ち良くて椅子に座ったまま寝てしまいました。おへそに手を当てた時、奥の方に小さな熱いかたまりのようなものを感じ、ちょっとおどろきました。その後もずっとふんわりした感じでしたが、最後の方で首のあたりからぐーっとうしろに引っ張られるような感触があり、終了でした。何となくスッキリしたような、力が入ったような感じです。

shell4最初は手が温かくなり、次第に全体がぽかぽかしてきて、なんだかぬるめの温泉につかってゆらゆらしている氣がしました。お腹が途中から活発に動き出してずっとグルグル鳴っていました。両手をおへそに置いてマグマの火のエネルギーを感じるところでは、はじめ熱くてはげしいものをイメージしていましたが、実際はほんわかしていて穏やかな温かさで、優しい感じがしました。終わってしばらくはぼーっとしていましたが、しばらくしたらセッション前より世界が明るく見え、穏やかな感じがし、身体も軽くなった氣がします。どうもありがとうございました!

shell4受けさせていただいた直後から思考が働きすぎているもっと楽しんで受けて、とメッセージをいただいてから開始。(ちなみに、私が言ったのではありません。きっとその方のハイアーセルフさんからのメッセージでしょう)誘導でおへそにマグマのエネルギー、柱を背中に突き刺すイメージがありました。その直後に、阿蘇は九州の統括、大動脈。と聞こえたり(こちらも私は何も発していません)。また紫の幕がしてあるほこらが見え、その中がとても薄暗く何でなんだろうと思いましたが、それは太古につながる入り口でもあり、そこには変わることのない絶えることのない力強い火がありました。火は悪いものを取り払い、善いものはさらに活性化する力があります。天照大御神や上空に白い鳥が舞っているのも見えました。途中からは、ふわっとするような温かい風が吹き、背中を真綿で覆ってもらったような感覚もありました。私の生きる使命の火は弱くなっていたようです。なぜ阿蘇のセッションを受けるのか疑問に思っていましたが、生きる意味の火、活性のエネルギーが必要だったんでしょう。私たちがそれぞれの火を活性することは弱っている阿蘇のエネルギーを活性することにもつながるようです。今はまだピンときませんが、日常の中で変化があると信じています。貴重なエネルギーをありがとうございました。

shell4初めから少し後ろに押された(もっていかれた)感じがしました。頭の上から何かしてもらっているときは、肩のあたりから下に軽く押されたような感じがしました。意識は全体的にあったと思うのですがたまに寝た時みたいにガクンと頭が揺れたのでびっくりしました。体に軽い電流が流れたみたいにビリビリしていました。お腹に手をあてていた時は、ぽかぽかと温かくなりました。終わった後、氣分がスッキリした感じです。軽くなった感じがします。初め、左ひじが少し重く、右の足も重くなっていましたが、終わった時にはその感じもなくなっていました。声がすごく響いて聴こえたり、その時も後ろに押される感じがしました。貴重な体験、ありがとうございました。

shell4始まってすぐに体がポカポカと温かくなりました。終始ものすごいエネルギーを感じていて、おへその辺りに手を当ててもらっているのですが、ハートチャクラも活性化されている氣がしました。おそらく立ちあがったときだったかと思うのですが、全身を何か光のベールのようなものに包まれている感じがして、目の前には緑色の細かい線がたくさん見えていました。ずっと意識はあったのですが、違う次元に行っているようでした。セッションのあと帰ってからものすごく眠くなり、7時頃に一度寝て、0時頃に目が覚めました。ベッドに入ってすぐに、ものすごいエネルギーが来て、なんだか分からないけれど、たくさん文字が見えました。チベットの文字のような読めない感じの文字だったと思います。