智恵の教え

今回もガネーシャからのメッセージではありませんが、
大切な言葉なので抜粋し記しておきます。

『私たちは、宇宙そのものであり、宇宙の自意識です。
このことを真にとらえたとき、宇宙意識からどのような
智恵でも引き出せるようになります。

私たちは死せる我を内なる生命へ目覚めさせ、その生命が
私たちを死者より蘇らせる。こうして私たちは永遠の生命に
還るのである。

私たち周囲の自然は目覚めている。

偏在、全能、全知の生命。在らざるところなく、力なきところなく、
意識なきところない生命。あらゆる場所において存在し、力に
あふれ、目覚めている生命。
満ち足りて、自由であり、美しい光を放ちながら表現豊かな活動を
広げる生命。
その生命が今この場所で完全に実現していると目覚めること。
それこそが復活である。

それとともに私たちは、自分が大師(アデプト)であるという
意識に目覚める。

しかしまた、この目覚めをよそ事として傍観している人たちの鈍き心
に泣くであろう。

この目覚めは過去数千年もの間、人類に示されてきたのに、多くの
者が悪戯に惰眠をむさぼり続けている。
しかし彼らが惰眠をむさぼっているからと言って、私たちまで
そうして良いということにはならない。
私たちが目覚めて初めて、人類全体が神から受け継いだ、かの正当
なる豊穣に目覚めるのである。』

さらに詳しく知りたい方は、『ヒマラヤ聖者への道』をお読みください。

アデプトの教えはまさにこの目覚めをサポートしているのです。