信頼

以前に読んだ本からの抜粋です。
とてもいい言葉でずっと心に残っています。

いかなる状況においても信頼が解決できない問題はない。

この宇宙を動かしている力を信じること、

それが信頼である。

信頼とは宇宙が私の味方だと信じることであり、

宇宙は自分が何をやっているいるかを自覚していることを心理的に意識することである。

信頼とは善へと向かう力があらゆる次元で絶えず動いていて、

花開いていることを心理的に意識することである。

私たちがこの力の方向を操作しようとすればその力の邪魔をする。

リラックスしてその力に身を任せれば

力は私たちのために働く。

宇宙の法則に知識を傾け、尊重することは

私たちを結果として良い方向にサポートしてくれる。

 

以前、ブログに書いたことがありますが、親子の問題も大半がこの信頼に

よって起きていると思います。

子供は親に一番望むことは信頼です。

自分が親という一番大切な人から信頼されていると思えれば、

子供は自分自身に対して信頼を育てることができます。

それが自信につながります。

自信は、どんなものにも勝って重要です。

どんなに能力をもっていても自信がないためにチャンスを失っていることが

往々にしてあります。

「あの人は、どこから出てくるのか、すごい根拠のない自信を持っているね」

と評される人は間違いなく、この自信をもっています。

根拠のない自信ほどすごい力になるものはありません。

私はフィギュアスケートが好きなのですが、大抵優勝する人は、この根拠のない

自信が体じゅうからみなぎっています。

そして、残念ながら力がありながら結果が出せない人は、

この自信の無さがやはりからだじゅうに表れています。

根拠のない自信を親子関係で育てることができなかった場合には、

自分自身で育てていく必要があります。

まお