ほんとうの安心感を与える人とは

あなたは今、誰かに支えてもらっている、受け容れてもらっている、

という安心感がありますか。

安心感に満たされている人は、一目でわかります。

なぜなら、そういう人はとってもリラックスしているからです。

自分がリラックスした状態でいるから、まわりにもリラックスを与えることができます。

 

あなたのまわりにもいませんか。

とってもナーバスになってしまったり、ピリピリしたりする人。

 

一緒にいると、なんとなくざわざわしたり、自分に対して嫌な気持ちが湧いてくるような感覚になる人…。

目に見えて周囲の人と衝突を起こしたり、あるいは深いところには立ち入らせないように壁を感じさせる人。

それは、その人自身が、自分を否定しているから起きているのです。

 

場所によって変わることもあるでしょうね。

初めての場所だと受け容れてもらえるか緊張するってことはよくあると思います。

 

でも、初めての場所でもなければ、初めて出逢った人たちでもない場合にも、この不可思議な

ぴりぴり感をつくり出してしまう、壁をつくる人っていますよね。

 

それは安心感の欠如から起きていることなのです。

では、誰が安心感を与えてくれると思いますか。

あなたの母親ですか?

父親ですか?

 

あなたは受け容れてもらって育ってきましたか?

テストの点数がよければ受け容れてもらえましたか。

勉強を頑張れば受け容れてもらえた。

自分のほんとうの気持ちを表に出さずに、(そのときの親にとっては)大人しくして

いい子でいれば受け容れてもらえた。

これは受け容れられているのとは違いますよね。

たとえ、自分が失敗しようとも、そのままの状態を受け容れてくれる。

批判しない。ジャッジしない。足りない点があっても、次に頑張ればいいこととして、

今の自分を愛して受け容れてくれる存在。

 

それが安心感をつくりだします。

 

でも、受け容れてくれるほんとうの存在は、あなたのお母さんでもなければお父さんでもないです。

 

一般的に18歳頃までは、肉体次元の両親とのつながりが大切で、それが私たちに色濃く影響を与えます。

でも、18歳を超えたら、肉体次元を超えた両親と言われる存在(天の父、地の母)とのつながりがどれだけ濃密にあるるかが大切です。

 

今、この存在としっかりつながって、安心感の中で生きている人って、どれくらいいるのでしょう。

この存在とつながって生きることができれば、自分がいかに素晴らしい存在なのかに氣づいて

生きていくことができます。

 

あなたは完璧なのです。

誰とも素晴比べられないほどに、素晴らしい存在です。

あなたにしかできない無数の才能をもって生まれてきたのです。

 

この地球をクリエートするのはあなたをおいて他にはいません。

 

あなたがつくり出す世界にあなたは住んでいます。

 

 

| カテゴリー : ブログ | 投稿者 : sincere